年齢には勝てないと悟った日

ものすごく人気があるビュッフェの予約が取れたので、行って来ました。毎年恒例企画になっているのですが、いつも幹事を引き受けてくれる友達が、何カ月も前から予約してくれるので、助かっています。

もうかれこれ10年通い続けています。その分、歳も取った訳なのですが、やっぱり若い頃のよいにはいきません。

10代の頃は、ケーキバイキングではケーキを30個くらいペロリと食べていました。焼肉食べ放題のお店で、アイスのおかわりばかりしていたら、お店のアイスの在庫がなくなって、店長さん自ら謝罪に来られたという思い出もあります。

そんな武勇伝を持っている私なのですが、もう胃袋は小さくなってしまったようです。今回のビュッフェも、ケーキを15個は食べたいと思っていたのに、5個でお腹いっぱいになってしまいました。

サンドイッチや焼売などの軽食も用意されているので、そちらを食べてリセットしようとしましたが、ますますお腹いっぱいになるだけで、作戦は失敗に終わりました。一緒に行った友達も、ブラックホールの胃袋の私しか知らないので、体調が悪いのではないかと心配したほどでした。

たぶん、もう少し頑張れば、食べられたかもしれませんが、頑張るのも怖かったです。そのまま動けなりそうな気がしましたし、もう若くはないのだということを悟りました。

次回は、ビュッフェよりも、ホテルでのんびりとアフタヌーンティーにしいたいと提案してっみたいと思います。