主婦になって変わった味覚

主婦になって変わった事の1つに味覚?があります。味覚と言ったら大袈裟なのでしょうか?
独身の頃は舌が肥えていたと言うか贅沢だったと思います。
毎日3食(お昼は手作り弁当)母親の手作りだったので、「これは美味しい」「これは好きじゃない」と言いたい放題でした。レストランやカフェにも行きたい時にいつでも行けるので、平気で残したり、やりたい放題していたと思います。
でも主婦になり、今度は毎日3食自分が作って家族に食べさせるとなると話しはガラリと変わりました。
毎日毎日作れど作れど終わりが無いのです。美味しいか、好みの味かなんてもうどっちでも構いません。
取り敢えず家族のお腹を満たせるように、何かを作ってお皿を並べるのが私の仕事なのですから。
レストランやカフェにだってそうそう簡単には行けなくなりました。何故って専業主婦なのですから、そんな余裕もありませんし、そうそう頻繁に行っていたら罪悪感も感じます。
そうなると1回1回の外食がとても有り難く感じます。絶対に失敗しないように何を食べるか吟味しますし、まずお店選びから真剣になってしまいます。そして絶対に残しません。「少しお腹がいっぱいかな?」と思っても、夜ご飯を控えてでも注文したお料理は完食します。
そして一番の驚きはスーパーのお弁当が超ご馳走に感じるようになった事です。独身の頃は「スーパーのお弁当か…」という感じでした。行楽弁当を買うなら「せめてデパ地下とかで買いたい」と思っていたのです。
それが主婦になった今では、時々スーパーの幕の内弁当を食べる機会があれば「美味しい~!」と大袈裟ですが涙ぐみそうになります。
主婦になるともう自分で作った物しか食べられなくなります。凄い料理が好きな人、凄く料理が得意な人は別なのかもしれませんが、所詮自分で作った物は自分で作った物です。やっぱり自分の手が加わっていない食べ物って何とも美味しいのです。

健康>美容を忘れないこと

当たり前のことですが、健康であってこその美容ですね。健康を損なうような極端なダイエットや美容は意味がありません。
健康を普段から意識すれば、自然にいい方向に向かっていきます。美容にダイエットに向かっていきます。
例えば、食べることが大好きで、ついつい食べ過ぎてしまう人に伝えたいことは、「お腹いっぱい食べる」のではなく、「空腹を満たす」と意識を少しだけ変えれば、
食べ過ぎてしまうことも減らせると思うのですね。普段のジュースやお酒を少しだけ減らして、水を飲むとか。
簡単なことからはじめれば、少し先の未来は大きく変わってくると思います。
健康を意識すれば、顔つきも生き生きとし、心の持ち方も変わってくるのではないでしょうか。健康美+精神美。素敵な状態ですね。
反対に行き過ぎた美容熱やダイエット熱は健康を損なう恐れがありますね。例えば、この食べ物は美容やダイエットにいいらしいから毎日そればかりを食べるとか、
逆にこの食べ物はダイエットに向かないらしいから全く食べなくなるとか。極端なダイエットで拒食症になったりとか。
そおゆう人は、健康より先に美容・ダイエットに意識が行ってしまっているのですね。
逆です、逆。
先に健康があっての美容・ダイエットです。そこを間違わないことですね。
綺麗に美しくを目指すのなら、まずは健康的な生活を送ることに意識を移しましょう。
水を飲むとか、運動を始めるとか、半身浴をするとか、早寝早起き、朝日をしっかり浴びるとか。思いつくことからですね。
そのうえで、最大の目的である美容・ダイエットに移ればいいのではないでしょうか。
といいますか、健康であること自体が、美しく綺麗であることも多いですね。

言いたい放題やりたい放題の一人娘

うちには7歳になる娘が一人です。一人っ子には多いのかもしれませんが、家では言いたい放題やりたい放題です。
家での様子を見ていると「外でもこんなのだと困るんじゃないか…」と心配ですが、外ではそれなりにちゃんと
やっているようで、その反動で家では言いたい放題やりたい放題状態になっているのかもしれません。
 でも、「日頃の言動って出てしまう、ばれてしまうんだな」と思ったのです。
 昨日久しぶりに主人のご両親が遊びに来てくれました。私の実家にはちょこちょこ連れて行くので、私の両親は
娘の放題状態を熟知していますが、主人の実家には年に1、2回しか行かないので、そこまで娘の実情を知りません。
 なので、娘が調子に乗ってトイレを限界まで我慢していて、「もう我慢出来ない」となった時、「抱っこ抱っこ!」と
私に、私が無視したら主人に訴えているのを見て、主人のご両親は唖然としていました。
 そしてお昼前に近くのスーパーに買い出しに行っても、帰り道に甘えて「抱っこ抱っこ」とうるさいので抱っこしていたら、
同級生のお友達に遭遇しまてしまいました。その子はもうコマ無しの自転車に乗ってお母さんの後ろを付いて帰っていたのです。
 その子もその子のお母さんも若干にやけていました。そこで慌ててうちの娘も抱っこを止めて降りました。
 でも、その子が去ってしまうと又「抱っこ抱っこ」でした。そして又うるさいから抱っこしていると又別の友達に遭遇したのです。
その子の小さい妹もしっかり歩いているのを見て又恥ずかしそうに慌てて抱っこから降りました。
 そして夕方主人の両親が帰る際になると、寂しくなったのかワーワー泣き始め、大人4人であやしても泣き喚くので、主人の
お義母さんが、「そんなに泣く子はうちには遊びに来て貰えないわ」と言うと、又慌ててピタリと泣き止み、「よそでは泣かないもん」
と言ってのけたのです。

ヘッドスパで極上のひととき

誕生日も近かったので、日頃家事や育児、仕事を頑張っている自分へのご褒美として、ヘッドスパに行って来ました。しかも、ハワイです。

前々から興味はあったものの、ただシャンプーをするのと何が違うんだろう…という疑問も拭い去れず、更に決して安くはないお値段に躊躇していました。でも、ハワイで日本よりも安くできることを知り、新しい世界を知る意味も込めて、行ってみることにしたんです。

しかし、貧乏症炸裂で、せっかくヘッドスパを受けても、日差しを浴びたり海水をかぶったりしたらもったいないので、最終日の最後の最後に受けることにしました。

日本語も通じましたし、髪の毛を洗いつつ、毛穴の汚れを落とし、頭皮マッサージもしてもらえて、最高の贅沢を味わうことができました。しかも、私の大好きな香りのヘアケア用品を使ってもらうことができ、その香りを嗅いでいたら、滞在中の疲れもあって、寝てしまう時間もありました。それくらいリラックスすることができたのです。

髪の毛もつやつやになって、気分もリフレッシュすることができました。お金を出すだけの価値はあると感じました。そうは言っても、なかなか頻繁に通うのは難しいので、1年に1~2回くらい、日本でも行けたら良いなぁと思っています。

やっぱり、人気があるものというのには、ちゃんと理由があるんだと感じました。思い出すだけでも、幸せな気分に浸ることができます。同じお店で、フェイシャルもあったので、やってみたいです。

独身女子の惨め感倍増。結婚発表の魔力

新宿営業所のランチミーティングに参加しました。
ここには独身女子が3人いるんですが、3人とも明るく可愛くて雰囲気がいい事務所の一つです。
しかし、今日のランチミーティングで結婚発表が有り、明るい空気が一転。
結婚発表とは不思議な魔力がありますね・・・ちょっと怖い+惨め・・・な出来事です。

私が思う3人のキャラは
ボス 29歳 可愛いツンデレ系 事務2年
グラビア 23歳 モテモテ美女系  営業外1年
清順女子 26歳 素朴系小動物系 営業内半年

ボスは6年付き合っている彼氏がいますね、話を聞く限りラブラブでイベントごとに計画をたて幸せそうです。
グラビアは付き合って1年のイケメン金持ち彼氏がいてこれまた旅行やレストランで食事など幸せそうです。
清純女子も付き合って4年の彼氏と同棲中でお出かけなどはあまり無いようですが幸せそうです。

ボスは日頃から恋愛話で盛り上がり、結婚とは、デートとは、恋愛とは等女子トークにキャピキャピしています。
グラビアも毎月のように海外旅行のブログアップやお土産お菓子を配っています、うらやましいですね。
清純女子は二人の話をニコニコ聞いているような可愛い子なのです。
そんな中、清純女子が結婚することを発表しました。
ランチミーティングの席での発表だったのですが、上司や私を含め既婚女子は「おおおーおめでとう!」など祝福の言葉をかけましたね。
が、グラビア「キャー!!(悲鳴に近い)」
ボスは「ウソーーー!!」と大騒ぎ。
祝福の言葉の前の言動で残された独身女子2人は惨めに見えてしまったのです。

個人的な感想ですよ。
普段恋愛話に盛りあがり恋愛マスターのようなボス、お金持ちの彼氏とラブラブなグラビア・・・
いつもの幸せアピールの反動でふたりの惨めさは倍増して見えました。
結婚って、不思議な魔力ってか、女性としての優越感や達成感が非常に高いんだなと再確認しました。
結婚する=選ばれる=優越感
結婚はゴールではなく本来スタートなのですが、一旦これまでのご褒美みたいな特別なものなのですね。

そして、この2人も早く結婚できますように・・・願っています。

こんなにいい事ってあるかな

最近とてもついていることが多くて、こんなに人生が楽しいなんて自分で困惑する位です。それは今から約二年前始まったんだけど、先日はその思いが一層強くなってね。二年前はその土地に縁あってか出雲大社の大遷宮に行く事が出来ました。そこではなんと横綱の日馬富士や大相撲の力士に会う事があったし、そう、何とつい一週間くらい前には春日大社でやはり式年造替をしていて、何と明治維新後初公開と言う特別公開の場所まで見ることが出来た。ここ最近ついていることが多くていい事が多い。そのピークがこの前の春日大社に参拝したことと京都で観光をしたこと。京都では晴れの天気に当たってとてもきれいな景色を見たことが出来たし、しかも桜も見ることが出来て、その時期まで桜は咲いているのかなと前日までは思っていた。関東地方ではその前日位に降った雨でもう桜は散っていたから見ることが出来なくてね。春日大社は縁結びの神社だそうで、その御利益があってか、最愛の人とも再開することが出来ているし。何か色んな神様に守られているようでね。あと超美味しい牛肉も食べることが出来た。最近鳥取県に来たんだけど、鳥取県の牛肉って日本一を取ったらしいんだけど、そのおいしい牛肉も食べることが出来た。そこで食べたのが一本カルビ。一本丸々のカルビなんだけどこれがもう言うこと無のおいしさ。食べ過ぎてお腹壊しそうになった。最近焼き肉でトングの話とか生レバーの話とかで話題になったこと有ったけど、もうほとんど一炙りしただけで口に入れてしまうくらいの勢いで焼き肉を食べてしまった。またこれを食べに行きたい。そうそう最近何か付いている話でした。

私の今日の恋愛事情と彼氏の浮気癖

今日もいつも通りの日常かと思ってた。
最近、同棲している彼氏の行動が怪しいから、またまた浮気をしているのか?なんて思いながらも気にしないように若干スルーしてた。
彼氏は以前にも、浮気をしていた。

以前の浮気が発覚した時は、彼氏が帰ってきた時間が0時をまわっていて、その時にリビングのテーブルに置いてあった彼氏の携帯の着信音が鳴った事が始まり。
その当時彼氏は、私と一緒に居る時は携帯をマナーモードにしていたから、着信音が鳴る事なんてなかった。
怪しい。と思い、彼氏に

「電話じゃないの?音出すようにしてるなんて珍しいね。出たら?」

と言ったら、

「は?アラームアラーム」

と。
はい?はいい?飲みに出てたやつが深夜にアラームかけるか?下手な言い訳をするんじゃない。と思いながらテーブルの上に置いてあった彼氏の携帯を手に取った瞬間、焦った彼氏に携帯を奪われた。
でも、その時に私は見てしまったのだ。
その当時はガラケーだったんだけど、サブ画面に

ゆか

と、表示されていた。
そして下手な嘘をつかれた事にムカついた私は

「へー。今時のアラームってタイトルまでつけれるんだ。すごいね。」

と嫌味を言ってやった。そんな事では腹の虫が収まらないから、彼氏の携帯を奪い返して電話に出た。

「この男とどういう関係ですか?ただ知りたいだけなので教えては、頂けませんか?」

と。そうしたら彼氏に携帯取られて、土下座された。
もうしません。と。
同棲していた事もあり、すぐに家を出れるわけではないので、その時は許した。

そして話は戻って今日の出来事。
最近の彼は、お風呂に入る時もトイレに行く時も、食事中も寝る時ですら携帯を肌身離さず持っているの。
流石におかしいと思い、携帯の中身を拝見する隙を狙ってたの。
おバカな彼氏は、携帯にロックをかけないでそのまま寝落ちしてたの。
しめしめ。と思い彼の携帯を拝見。(いけない事っていうのは百も承知)
まーなんとビックリ。
女性との信じられないメールのやり取りがわんさか出てくるの。

今日も会えて嬉しかった
また会いたい
また沢山抱いてね

などなど。
とりあえず、証拠隠滅されないように写メを撮って保存。
そしてすぐさま、彼を殴り起こして彼の携帯を見せて

「これ、どういうこと?反省したんじゃないの?何がしたいの?」

と。
そしたら、まあなんと逆ギレ。
初めて、ビンタされた。
とてもショックだった。
また、謝罪するんだろうなー。なんて気楽に構えてたらこのありさま。
ビンタって言っても、ペチってくらいなんだけど今まで付き合った人にそんな事された事が無かったから本当にビックリしたんだ。
そして、こんな時間なんだけどお腹にいる赤ちゃんと一緒にタクシーで実家に帰宅して今に至る。

こんな事で、ストレス溜めてたらお腹の赤ちゃんに悪影響だし、少し距離を置こうかなって。
赤ちゃんのことはまだ報告してなかったんだよね。
だって、今日わかったんだもん。
すぐに報告してたら何か変わってたかな?
とりあえず今はお腹の赤ちゃんの事だけを考えて、ゆっくり休もう。
寝て起きて、落ち着いてからどうするか考えよう。
明日…というか、今日かな?今日がとても素敵でキラキラした1日になってくれる事を願おう。

それやったら、来る前に知らせてーな!

昨日、仕事が終わって駅に向かう途中で携帯に着信がありました。それは、母親からでした。両親は今、千葉県に住んでいます。一昨年の6月までは神戸に住んでいたのですが、事情があって父親の故郷の千葉に引っ越しました。ちなみに、両親が神戸にいるときも、私は一人暮らしをしていました。隣駅だったので、しょっちゅう行っていました。犬を飼っていたので、犬に会いに行くのが楽しみでした。それで、2年近くも、両親とも犬とも会っていませんでした。「何の用だろうな」と思って電話に出てみると、今神戸に来ていて姉と一緒にいると言う事でした。私には姉が2人おり、一人は横浜に、もう一人は神戸に住んでいます。最初は、姉と母と二人で私の家に来て少し話をするだけという事だったのですが、私が「めったにある機会じゃないから、家に泊まっていき」と言って、急遽、私の家に泊まることになりました。当初、車で母親と一緒に私の家に来る予定だった姉は体調が芳しくないようだったので、母親は電車で来ました。ちょっとした買い物とお茶を飲んだ後、お寿司を食べに行きました。会ってからは、ずっとしゃべりっぱなしでした。私の家には、来客用の寝具が一応あったのですがマットレスがなかったので、母親に私が普段使っているベッドを使うように勧めると、「あんたはいつも通りにしなさい」と言って、マットレスのない布団で寝ました。翌朝、私の通勤時間に一緒に家を出て、地下鉄で途中まで一緒に乗りました。会えなかった、約2年間分の積もり積もった話をすることが出来ました。

彼氏とはじめての旅行中…

20代間もない頃、初めて付き合った彼と、初のドライブ旅行に出かけることになりました。
早朝から出かける予定だったので、前日は、一人暮らしをしていた彼のアパートに泊まりました。
朝、早々と身支度をして、出かけるつもりが、何となく 違和感を感じた私はトイレへ…。
彼は、車のエンジンをかけて来るから…と、先に出て行きました。
ひと月に一度のアレが、来てしまった私は、慌てて 下着を替えましたが、出発の時間が迫っていたので、彼の部屋のバスルームと一体となったトイレに、何気なく、 月のもので汚してしまった下着を、そのまま トイレにポイ捨てしていきました。
そのまま、車に乗り、ドライブしながら、京都へ。
お昼ご飯を食べていると、彼の携帯が鳴りました。
「やべえ、お袋からだょ…。」と、面倒臭そうな彼。
しつこく鳴る携帯に、しぶしぶ彼が、出ると 彼のお母さんの声が漏れて聞こえました。
なんと…!
彼のお母さんは、彼のアパートに尋ねて来ていたのです。
彼を驚かそうと、彼のお父さんと二人で、合鍵を使って、アパートに入っている…とのこと。
付き合っていることすら、知らせて無かったので、彼のお母さんは、何処にいるのか、何時に帰るのかを、しつこく聞いているのがわかりました。
ですが、私は トイレに置いてきてしまった下着のことが、気になって、気になって、冷や汗は出るし、彼にも説明できないし、もう 心臓はばくばくでした。
彼に、トイレに入った?と、聞いて!と、伝えたところ…
彼のお母さんは、一言。
「今、お父さんが入っているけど、なんで!?」
とのこと!
ゾッとしましたが、電話の向こうで
彼のお父さんに呼びかけるお母さんの声が聞こえました。。。
結局、お母さんとお父さんは、全てを察知したようで、電話は、切れました。
旅行から帰宅して、慌てて トイレを確認したところ、私の下着は、洗面器の中に入れてありました…。
彼のご両親に合わせる顔がなく、彼は気にしなくていいよ…と、言ってくれましたが、それが、引きずって、別れてしまいました。

不倫をして結局失ってしまった

私の最大の失敗であり過ちは、不倫をしてしまったことです。
しかも、彼氏がいるのに、です。
彼氏がいながら、年上の既婚男性と半年間ほど不倫をしていました。

3年ほど前の話です。
当時付き合っていた彼氏は、仕事が出張続きで忙しく、なかなか会えない日々を送っていました。
それでも彼はたまに電話やメールをくれたりしていたし、仕事なら仕方ないと寂しさを我慢していました。

しかし我慢も続かず、寂しさから軽い気持ちでSNSに登録しました。
別に新しい彼氏を探すわけでもないし、直接会うわけでもないし…とSNS上の人に悩み相談をしたり、暇つぶしに雑談をしていたのです。
そんなある日、ひとつのメッセージが届きました。
10以上年上の既婚男性からでした。
私が日記に彼氏と会えなくて寂しいとか、誰か話相手になってほしいなどと書いているのを見て、よかったらお話しませんか?とメッセージをくれたのです。
そこで私も話すだけならいいやと思い、その男性とやり取りを始めました。

男性はとても優しく、年上なのもあってか精神的に余裕があり、包容力があるような感じがして、私にはとても魅力的にうつりました。
もともと年上の男性がタイプだったのもあり、やり取りするうちにすっかり打ち解けてしまい、いつしか彼氏よりも連絡を取る間柄に。
相手も私を気に入ってくれたのか直接会いましょうという話になり、彼氏とのデートの予定もなかった私はつい、OKしてしまいました。

その男性は会った時もメッセージをやり取りしていた時と同じように優しく、男性からの愛情飢餓状態だった私はあっという間に夢中になってしまい…そのままその日のうちに肉体関係を持ってしまいました。
その日から、彼氏と既婚男性と二股をかける生活が始まりました。

彼氏から連絡がなくても気にもせず、不倫に没頭していく私。
会えない彼氏より、会える不倫相手。
寂しさを紛らわせてくれるなら、もうどちらでもいいくらいになっていました。
しかし、そんな日々も長くは続かず。
半年ほど経った頃、不倫相手から「妻にバレた」との連絡が。

私はパニックになり、裁判起こされたらどうしよう、奥さんが乗り込んできたらどうしよう、と自分の身を守ろうとすることだけでいっぱいいっぱいになり、そのまま不倫相手のメルアドを消し、電話番号を消し、着信拒否するというあまりに身勝手で最低な行為をしてしまいました。
今思うと、本当に自分はろくでなしだなと思います。

不倫は思わぬ形で終わりましたが、彼氏とも仲が冷え切っていました。
不倫に夢中になっている間に彼と会う機会もなくなり、連絡をすることもなくなっていたために、その後自然消滅してしまいました。
結局私は、同時にふたりも失ってしまったのです。
二兎を追う者一兎も得ず、とはこのことかと身にしみました。

これは本当に自分の人生の汚点です。
二度とこんなことがないよう、自省の日々です。